24時間審査のおまとめローンについて

おまとめローンをしてくれる会社は、たくさんあります。人気のある会社なら、M社やA社などがあります。

M社では、24時間審査してくれて、即審査結果が出ます。

M社では、年率が4.8%から18.0%で、借入金額1万円から500万円です。審査回答時間も10秒ほどなのですぐ結果がでます。
最短融資時間は、24時間即時可能なので、おまとめローンを考えているかたのほかにも、急にお金が必要な方にもおすすめです。入会金、手数料は無料なので、緊急時の時のために持っておくのも良いです。

急にお金が必要で、自宅のパソコンなどで申し込みをした場合、カードがなくて即おろすことができません。

ですが、M社は、振込もしてくれるので、指定の口座に入金してくれます。
申し込みは、パソコンだけでなく、携帯、スマートフォン、郵送、電話、ローン申込機でも行えます。


返済日は、5日、15日、25日、末日の中から選べます。返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式で、返済方法は、口座振替、銀行振込、提携ATMから返済することができます。担保・保証人も不要なので、本人だけで借りることができます。借入時最低年齢は、20歳からで、最高年齢は、65歳までです。

申込資格は、安定した収入がある方なので、働いていれば、ほとんどの方がおまとめローンをする事ができます。


M社は、24時間審査なので、いつでも24時間審査してくれます。

いつでもどこでもローンを組むことができ、便利です。
住宅ローン金利は、これまでは「変動金利」「5年固定」「10年固定」「全期間固定」の4種類がメインでした。
ところが最近は、「3年固定」や「2年固定」、果ては「1年固定」といった短期間の固定ローン商品が登場しています。
その金利は破格で、0.5%〜0.6%という超低金利となっています。

変動金利で1%を若干切る程度の水準であることから、これらの短期固定商品がいかに低金利かがわかります。


では、なぜ固定金利が変動金利を下回るのでしょうか。

それは、金融機関が日本銀行の「貸出増加支援制度」を活用しているからです。この制度は、民間銀行が企業への融資を増やすことで、景気の底上げを支援することを狙ったものです。

日本銀行がわずか0.1%という低金利で銀行に貸し出すことで、銀行は非常に安い金利の資金を手に入れることができます。こうして手に入れた資金を住宅ローンにも回しているのです。先ほどの「3年固定」「2年固定」「1年固定」の低金利は、この仕組みにより実現しているのです。


ただし、日本銀行の貸し出し期間が最長4年とされているため、5年以上のローン商品は出てきません。

また、「貸出増加支援制度」は実施期間が15か月と定められているため、2014年の秋ころにはこうした短期固定金利商品は終わる見込みです。
現在の0.6%前後という超低金利は確かに魅力的であるため、3年固定金利を検討している場合は、早めに動いた方がよいでしょう。
ただし、3年の固定期間以降は、変動金利に移行することをお忘れなく。

大阪の会計事務所にまつわる情報をまとめています。

ビジネス視点で大阪市周辺の税理士情報を楽しくお得に利用しましょう。

大阪の過払い情報ならこちらをご利用ください。

お客様に相応しい大阪での任意整理の情報を掲載しませんか。

滋賀の税理士に関するお役立ちコンテンツ満載です。

http://allabout.co.jp/gm/gc/11120/

http://girlschannel.net/topics/537143/2/

http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-34104820081006

関連リンク

ローンは転職する前に組むべき

ローンを組むなら転職前と言われることが多いようです。なぜかというと、その方が審査に通りやすいからだと言えるでしょう。...

more

年収とローンと返済比率の嘘

ローンを組むときには年収の25%以内に返済比率が収まらなければならないと言われることが多いようです。マイホームの購入に関する入門書や、あるいはモデルルームでの説明会などでは、これが普通に言われているようで、常識として通用しているようです。...

more
top